大阪の髪質改善サロンがお伝えする手触りを決める要素

2020/11/02 ブログ

【手ざわりを決める要素⠀】

https://nanairo-hair.net/blog/

 

こんにちは。大阪で髪質改善のお店NANAIROを営んでいる浅野匡詠と申します。今日は手触りを決める要素というテーマで書いていこうと思います。


髪の手触りを良くしたいとどなたも思う願いであると思います。手触りを決める要素は髪の太さ、髪の曲がり方、髪の重なりの3つの要素から出来ていると言えます。手触りを良くする時にどこのポイントを上げているのかを意識して何かをしていくと効率的に手触りを良くする事が出来ます。


例えばオイルを髪につけると髪の太さは変わらないですが曲がり方を変えることができます。もちろん髪の重なりは変わりません。


少し応用な考え方になるのですがストレート髪質改善というメニューがあるのですがこれは良くある縮毛矯正とは違い髪の吸水力をコントロールするという要素と油分を分解するという要素を使って行くので髪を真っ直ぐにするためにあるメニューにはしていません。

ストレート髪質改善は太さを変えて、髪の曲がり方も変えれて、髪の重なりもコントロールすることが出来ます。

ただ髪の太さを変えるのは縮毛矯正の方が大きく変えれるので縮毛矯正を勧める場合もあります。
しかし縮毛矯正は吸水力を問答無用に上げすぎてしまうのでここをクリアする方でないとあまりおすすめしていないです。


その方の普段のやり方からお勧めする髪質改善はこれからもその方の状態から勧めていきたい思います。今日は手ざわりを決める要素というテーマで書いてみました。ステキな1日をお過ごし下さい。

 

髪質改善NANAIRO  浅野匡詠


#大阪髪質改善
#髪質改善大阪
#髪質改善サロン
#髪質改善トリートメント
#髪質改善
#縮毛矯正
#トリートメント
#髪質改善専門
#ヘアカラー